読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PGは電子羊の夢を見るのか?

データとパターンのあいだ

世界金融危機で儲けた男たちを描いた作品「マネーショート」を見てきた。

映画

前から気になっていた「マネーショート 華麗なる大逆転」を見てきました。

www.moneyshort.jp

2007年に起きた世界金融危機の裏側で、アメリカの住宅ローンが破綻することに事前に気がついた投資家たちの考えや戦略、そして低所得者に対してお金を貸す銀行の手口などを交えながら、主人公たちがどのようにして儲けを得たかが描かれている。

原作はマイケル・ルイス作の「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」。
この作家は過去に初期のサイバーメトリクスが導入されたメジャーリーグの舞台裏を描いた「マネーボール」で知られている。
今回は世界金融危機の裏側をノンフィクションで描いている。

この映画、予備知識無しで行くと非常に難しい!
所々でちょっとした解説が入るものの、専門用語がかなり出てくるので意味を知っていないとわけがわからない場面もある。
ただ、最終的には「あぁこういうことが原因で金融危機が起こったのね」というのは雰囲気はつかめるようになっている。

この映画で良かったのは、「数字や統計に強くてひらめきのある人が行動することで、世界は変わるんだな」ということが描かれていたところ。
随所で主人公たちがお金の動きを察知し、未来を予測して金融商品を取引し、自分たちの儲けを増やすだけではなく銀行側の不正を暴こうとする。
銀行や金融商品を扱う大きな組織に翻弄されながらも、主人公たちは銀行が創りだした虚構が近いうちに崩壊すると察知し行動していく。
この辺りの駆け引きであったり金融危機を引き起こした引き金に少しずつ迫っていくところは、見ていて面白かった。

いや〜、やっぱりまだまだ数学統計が世界を動かしますかね〜。
世界金融危機自体は2007年辺りに起きた出来事ですが、そこから今までも(むしろ今のほうが)数学や統計の知識が必要だと言われてますね。
最近は「ビッグデータ」「人工知能」なんて言葉がバズってますしね。

というわけで、僕はこれから黙々と数学と統計をやっていこうと思います。
まずは手元に積んである統計関係の本を消化していきます…