読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PGは電子羊の夢を見るのか?

データとパターンのあいだ

機械学習の新しい入門書「データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編」

今年一冊目として、「データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編」を読了しました!

データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編 (Software Design plus)

データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編 (Software Design plus)

内容としては

といった感じ。機械学習全般について、広く浅く解説している本となっています。

機械学習を全く知らない」「ちょっと興味があってこれから始めてみたい」という人にはオススメ。
機械学習にかぎらず、統計的手法についても紹介されているし、言語もR・Pythonを中心にいろいろ紹介されているので、機械学習のはじめの一歩にはとりあえずこれを読んでおけばいいと思います。

反面、すでに勉強したり実装したりしている人には物足りないかもしれません。
紹介されているライブラリなどもメジャーなものが多く、また実装サンプルも統計手法や推薦システム・画像認識なのでちょっとほかで勉強していたらすでに触れたことのある内容。
あと、深層学習についてはほとんど用語の説明になっているので、この本を読んだからといって理解できるわけではありません。(過度な期待は厳禁です...)

とはいえ、この本は「入門編」となっているので、その意味では十分にいろいろな情報を網羅しているのではないかと思います。
この本を読んで機械学習に興味を持って深掘りするも良し、統計的手法に目覚めてそちらに進むも良し。

僕はちょっと物足りなかったので、機械学習方面をもっと掘り下げていこうと思います!